裂きイカ居酒屋@HaiPhong

イスもテーブルもいらないからその辺で勝手に飲ませてくれ。でも酒とつまみは誰かに用意して欲しいな。
シンプルな望みだけど案外そういうのないな~、と思ってました。

思ってませんでしたか?私思ってました。

ハイフォンにてRươu Mực という近しいモノを発見です。

外に敷かれたゴザに座って用意される裂きイカ、果物などを各種調味料といただくというスタイル。飲み物は酒、ソフトドリン、メンズウォッカも。

雰囲気としてはなんか、4月初旬の夜の上野公園ですね。

 

ただここハイフォンでは老若男女問わずいて、女子だけのグループがいるのもなかなか新鮮です。

酒飲みで騒がしい店内にキャラクターバルーン売りが押し入ってきて店内の容積をかっさらい、その隣で真剣な眼差しで子供がガムを押し売ってきて、、混乱(ボクの中での)が進みます。こういう一瞬脳内メモリで処理できないような事があるのも、ベトナムならでは。ハングアウトのひとつの醍醐味ですね。

それと、店の数の多いこと。通りの端から端まで(100mくらい?)、湖の外周に点在するのと合わせて50店舗はあるんじゃないかと。
次々と現れるRươu Mực の看板と怪しげなテント群が目に入ってきます。

豪快に盛られたフルーツ(プラス裂きイカ一匹)を1人で食べれるはずもなく、men’s vodka も2/3残しての会計は24万ドンでした。4人くらいでくればリーズナブルな上、盛り上がりが4倍ですね。

 

ハノイにもあるのかな?

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA