a59b52d9f66b27489611fe3cae42b219.jpg

#4 就活中の必殺技「ウォシュレット」の話! 面接官に好印象を残す質問の例!!

【2016年2月29日、和島がスタディーツアーでハノイを訪れた大分大学の学生たちを前に、新卒で「アクセンチュア」で働き始め2年半後に会社を辞め、オーストラリアへワーホリに行き、その後マレーシアで医療観光ビジネスを立ち上げる会社「SMS」で働くも8ヶ月で退職、2015年4月「VEHO Works」を立ち上げ、日本とベトナムのビジネスを通じた交流のサポートをするまでに至る話をしました。そんな和島が学生たちに自らのこれまでのキャリアを振り返り伝えたいこと、就活解禁を前に伝えたいことを語ったのでシェアします。*一部、省略や編集をしていますがほぼ話した内容をそのまま掲載しています。】

第3回はこちらから、第4回は就活の必殺技!?「ウォシュレット」の話。

[nlink url=”http://veho-works.com/career_message-wajima-chapter3-accenture-reason/” title=”” excerpt=””]

・ウォシュレットの話

ウォシュレット

あの〜ウォシュレットの話ってのがあるんですけど、これまあ全然使う場面選ぶとは思うんですけど、ウォシュレット、みんなこういろんな会社いって、で志望度の高いAっていう会社もあれば志望度が大して高くないたぶんFっていう会社もあって・・

このFっていう会社大して会社を調べてもないし、Aっていう会社はいっぱいやってるから「最後に何か質問ございますか?」って言われたときに、Aっていう会社いっぱいいろいろ知ってるから、で興味もあるから聞きたい!Fっていう会社、全然調べてないし興味もないから聞くことない!

でもこうまあA’A’’・・この志望度の高い会社がいっぱいあって、でもこっちもいっぱい受けてるから答えなきゃいけないわけだし、ある程度こう抑えとして次の選考、次の選考行って場数を踏みたいから一応ここも今上がっときたいよね!ってなったときにじゃあ何か質問ございますか?

って言われて

効果的な質問をすべからくここのD、E、F群の会社にする必要はねえかなあ、することはできないかなあと思ったんですよ。

会社のこと大して知らなくても。って思ったときに「何か質問ございますか?」って言われたときにいうのが、すいませんっていって、あのちょっと本日はあの面接していただいて大変ありがとうございました。

あんまりちょっとあの今日のお話させていただいたこととは関係ないんですけども一点気になってることがございましてあのすいませんね申し訳ないんですけども、

「御社のフロアというかオフィスにウォシュレットございますか?」って聞くとえ〜と人事の人「ありますよ!」って言って「でもなんで?」ってなるじゃないですか?

「なんで?」って絶対100%聞かれるんですよこれって。

で実は私、ウォシュレットなくても最悪大丈夫なんですけれども、ウォシュレットを本当にこの会社でえ〜と働くってことを今日ちょっと面接の前とかに考えてたらあ〜そういえばウォシュレットってこの会社あるのかなあって思って最後の質問だったんであの聞かせていただきました。

っていうと、あそうなんだねえみたいな、全然あるから大丈夫だよ、安心してぐらいな。じゃあそのほかにご質問ございますか?みたいな みんなが硬い質問した後に、そうなって終わる。

人事の人:あのウォシュレットの子、すごいあのうちの会社で本当に仕事することイメージしてあれ質問したのかなあみたいな

「ウォシュレットの子」って履歴書に書かれるわけですよ。

有象無象に5,6人ぐらい候補者いたけど、あのウォシュレットの子、まあ別に受け答えも悪くなかったし、印象に残ってるから次に進めよう!っていうことが別にこのD,E,F群ではあの〜「通じる!」っていうのとかを考えてたらあのここ(アクセンチュア)に採用されるという。

こういう汎用的な質問とかを考えるといいですよ!

#5に続く!

[nlink url=”http://veho-works.com/career_message-wajima-chapter5-career_design/” title=”” excerpt=””]

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA