freedom-1396714-1280x960.jpg

#6 最終回 「僕は心に保険をかけている!」アジアにきてチャレンジしてみなよ!

【2016年2月29日、和島がスタディーツアーでハノイを訪れた大分大学の学生たちを前に、新卒で「アクセンチュア」で働き始め2年半後に会社を辞め、オーストラリアへワーホリに行き、その後マレーシアで医療観光ビジネスを立ち上げる会社「SMS」で働くも8ヶ月で退職、2015年4月「VEHO Works」を立ち上げ、日本とベトナムのビジネスを通じた交流のサポートをするまでに至る話をしました。そんな和島が学生たちに自らのこれまでのキャリアを振り返り伝えたいこと、就活解禁を前に伝えたいことを語ったのでシェアします。*一部、省略や編集をしていますがほぼ話した内容をそのまま掲載しています。】

第5回はこちらから、最終回はチャレンジする大切さを学生たちに語りました。

[nlink url=”http://veho-works.com/career_message-wajima-chapter5-career_design/” title=”” excerpt=””]

僕がベトナムで会社をやっているワケ

こういうの冒険心を持とうとか、楽観性、柔軟性、持続性・・

私あんまりないなあ、もっと計画しないと不安で動き出せないですよ!って思う人いるかもしれないですけど、じゃあなぜ僕がベトナムで会社をやっているのか?

こんなの

今正直僕4万円ぐらいしか給料がなくて、劇烈少ねえと今(笑)、こないだまでもうちょっともらってたんですけど、まあまあ色々期限のあるコンサルティングの仕事が終わってしまって少ないですと。

じゃあでも会社をやって何のメリットがあるんじゃい?と思うと思うけれども、

日本で例えば日本人で海外のアジアに出て、今僕28なんですけど、会社やってる人って何%いるのよ?って話で「超少ない!」「超少ない!」

たぶん日本はすげえ海外行け!海外行け!っていいまくってる!学生とか若い人たち、そういう仕組みもいっぱいある。「大学でもこうやってやっている」
そうすると、好奇心というか、純粋に何か過ごしている人たちは、それだけ言われるんなら「海外行ってみようかなあ」
行って触れてみる、そうすると色んなことが分かってくる。
一方、イヤイヤそんなんないっしょ!って全然行かないやつもいる。全然行かないこう純日本人がこううえ〜って日本に溜まっていって、みんなみたいな好奇心がある人たちはこう外に転々としている。

「僕は心に保険をかけている」

WS000004

逆のパターンで海外から外国人が日本に来て働いてもらうってことも、日本人を送り出してるのと同じレベルぐらいで増えてくると思うんですよ!
何か中国人にせよ、韓国人にしろ、インドネシア人にしろ、フィリピン人にしろ、ベトナム人にしろ、いろんな国の人を日本はこう誘致して働いてくれ!ってなった時に日本の企業ってまあまあ企業のパワーあるんでそこでじゃあなんかこうちょっと低賃金的なワーカー的な人たち、じゃあベトナム人のワーカー100人入れてうちの工場稼働するための原価を稼働原価をすごく低くしましょう!みたいな。
わ〜とベトナム人いっぱいいれてみたけど、全然こっちの指示している層の人たちとやりとりができなくって「困った!」みたいなときに、

「あ、そういえば和島っていうやつがベトナムで3年間会社もやっててあいつめちゃくちゃベトナムいたから何かやれそうだぞ」って声がかかってそこにブリッジとしての価値がそのうち出てくるんじゃないかなあ

と僕は思ってるんですね!仮に会社がうまくいこうが、うまくいかなかろうが。

で、これからアジアに進出したい会社も増えてくるだろうから別にこれが失敗したとしてもえ〜とこういうふうに色々頑張ってました!って言ったら

「拾ってくれる会社はあるだろう!」という風にある程度心の中でこう論理立ててなんていうんですかねえ、論理立ててこう保険をかけてあるからある程度

「ここに身を任せても大丈夫だろうなあ」っていう保険を心にかけてるわけですよ!

っていうことです。
これがなぜ会社をやってるのか?っていう話。
みんなもたぶんなんか、やってみたいけど、これでもやったたらどうかなあって思うことあると思うんですけど、

やってみた先にこうなるだろうからまあ別に今やっても大丈夫だろうなあっていう議論しっかりして、絶対これ挑戦できることなのでぜひトライしていただきたいなあ!

とハイ、ちゅう感じ!

P1060252

*ということで全6回にわたって、和島が大分大学の学生に向けて話した内容を書き起こし、まとめてみました。これから就職活動をする学生や何か新しいことにチャレンジしている人に向けて背中を押すような内容であったらいいなあと思います!全6回読んでいただきありがとうございました!

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA