8f9902bbb9d520664ff1513bd2ac5efe.jpg

僕のベトナム生活に必須!海外旅行/海外生活でめっちゃ役立つアプリベストナイン!

シンチャオ、こんにちは!

今回は、ベトナムに来て2ヶ月以上生活してみて、これは役に立つというアプリを紹介したいと思います。

海外で役立つアプリといっても、国によってはあまり役立たないアプリがあったりします。例えばこれから紹介する「Grab Taxi」というタクシー配車アプリは東南アジアでは重宝しますが、欧米ではサービスを展開していません。

筆者はベトナムに来てから、様々な生活に役立つアプリを試してみたので、その中でも「これは入れておきたい!」というアプリを9個厳選したうえで紹介します。各アプリをすぐに使えるようにリンクも設置しておきました。

海外旅行や海外での生活に興味がある方にも参考になる内容かと思います。それでは行ってみましょう!

1:最強のオフライン地図アプリ「MAPS. ME」

地図アプリ「MAPS.ME」はインターネットにつながっていなくても使えるオフライン対応の地図アプリです。利用したい場所の地図データをあらかじめダウンロードしておけば、海外で電波が使えない場所でも地図を確認することができます。

地図アプリといえば「Googleマップ」が人気で使っている方も多いと思いますが、「MAPS.ME」はネット環境がなくてもいつでも地図を確認できるので、特に海外旅行にオススメのアプリです。

Screenshot_2016-03-16-12-07-04

アプリの画面はこんな感じ。現在地の表示やルートの作成が簡単な操作で行えます。主要な通りや駅、観光スポットなどは地図上に表示されるので、旅行者にとっても使いやすいです。

App Store:「MAPS.ME」

https://itunes.apple.com/jp/app/maps.me-ofurain-de-tu/id510623322?mt=8

Google Play:「MAPS.ME」

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mapswithme.maps.pro&hl=ja

2:翻訳アプリの定番 「Google翻訳」

海外旅行や海外で生活するうえで、大きな悩みの一つが言葉の壁。海外でもできる限りストレスなく過ごしたいものです。

翻訳アプリは数多くありますが、「Google翻訳」はテキスト入力、音声入力、また手書きで画面に文字を入力、カメラで写した文字を翻訳と便利な機能がそろっています。

Screenshot_2016-03-16-12-05-37

アプリ上のテキスト入力で、日本語からベトナム語に翻訳している画面。

Androidアプリの場合は事前に翻訳したい言語をスマホの中にダウンロードすることで、インターネット環境がない場所でも使用できるのが嬉しい所。「翻訳」と一言でいっても様々な形で利用しやすい機能が充実しているので海外で活用するのにオススメです。

ぜひ事前にスマホにインストールしておき、快適な海外旅行を楽しんでください。

App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/google-fan-yi/id414706506?mt=8

Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.translate&hl=ja

*アプリの魅力を紹介したより詳しい記事がこちらにありました!

・海外旅行には必須!「Google翻訳」アプリの便利機能使いこなしてる?http://tabizine.jp/2015/09/06/45310/

3:ベトナムのレストランの口コミサイト「Foody」

こちらのサイト、アプリは「ベトナム版食べログ」という感じで、ベトナムの現地のユーザーがレストランやカフェを10段階で評価しています。現地で評判のお店を探したり、行きたいお店の住所を確認したいときに便利です。

Screenshot_2016-03-16-11-54-02

アプリ画面はこんな感じ。レストランだけでなくショッピングスポットや宿泊施設の予約、航空券の手配など様々なサービスがあります。

日本では、数多くの口コミのwebサービスやアプリがありますが、ベトナムでは圧倒的にこちらのアプリが人気で数多くの口コミが集まっています。ベトナム語が分からなくても、写真や数字の評価でなんとなくお店の評判が分かります。

お店の住所や営業時間、電話番号、Wifiが使えるのか、予算の目安、バイクの駐車場があるのかなどが分かるのでベトナムで生活するうえで必携のアプリです。

App Store:https://itunes.apple.com/app/id570435154

Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.foody.vn.activity

4&5:タクシー配車アプリ「Grab Taxi」と「Uber」

東南アジアの主要都市でサービスを展開している「Grab Taxi」と世界各国でサービス展開している「Uber」は海外に来る前にダウンロードしておきたいアプリのひとつです。海外で流しのタクシーを利用するのはちょっと危険を感じるという人も多いのではないでしょうか?

タクシー配車アプリを使えば、より安心、安全ときには安価に海外でタクシーを利用することができます!

詳しい使い方は別記事で解説しているのでそちらをチェックしてみて下さい。

ベトナムで使える安心、安全なタクシー配車アプリ「Grabtaxi」と「Uber」の紹介、両サービスを比較してみた!

6:日越辞書サービス「JV-DICT」

「JV-DICT」は日本語とベトナム語の辞書サービスアプリです。

日本語を勉強しているベトナム人が多く利用しているそうなのですが、ベトナム語を勉強したり、ベトナム語の意味を知りたい日本人にも使いやすいアプリです。英語の翻訳もついているので、ベトナム人とのコミュニケーションツールとしても使うことができます。

Screenshot_2016-03-15-19-31-43

文字を入力するとこのように日本語、英語、ベトナム語での意味がそれぞれ出てきます。

街を歩いていて知らないベトナム語を調べたいとき、ベトナム語を学ぶきっかけとして使ってみて下さい。

Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.SphinxGroup.JVDict&hl=ja

7:シンプルな通貨変換アプリ「Currency」

「Currency」は、世界各国150以上の国の通貨を換算してくれるアプリ。海外旅行でいろんな国を旅するときや、仕事で海外に出張で訪れたときに便利です。筆者はベトナムで通貨を換算して計算するときに重宝しています。

 

Screenshot_2016-03-15-18-50-49

アプリの画面はいたってシンプル。登録されている150以上の通貨の中から選択して、換算したい通貨をタップして数字を入力するだけです。

この画面では、5万ベトナムドンが日本円、アメリカドルでいくらかを調べた結果の画面。シンプルな画面で操作がしやすく使いやすいのがいいところです。

App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/currency/id284220417?mt=8

Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.currencyapp.currencyandroid&hl=ja

8:世界中の旅行者に人気!「TripAdviser」

こちらはすでに知っている方も多いと思いますが、世界で最も人気のある旅行アプリの一つである「トリップアドバイザー」。

Screenshot_2016-03-16-11-29-18

旅先で、世界中の 300 以上の都市の地図や口コミ、保存リストをスマートフォンにダウンロードしておくことができます。海外旅行に行く前に現地の情報を調べて行きたいお店をお気に入りに登録しておくことができるので便利です。

旅先でネットに接続できなくても、事前にダウンロードしておくことで、すぐに情報をチェックできます。

Screenshot_2016-03-16-11-30-15

レストランやホテル、観光地を調べるときも、口コミの件数や現在地からの距離、お店の写真などをチェックできるので海外旅行には必携のアプリではないでしょうか。気になったお店をタップすると、お店の写真や口コミ、住所など詳しい情報をチェックできます。

App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/torippuadobaiza-shi-jienoresutoranyahoteruno/id284876795?mt=8

Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tripadvisor.tripadvisor&hl=ja

9:世界中の天気をチェック!「AccuWeather」

こちらはベトナムに限らず世界中の天気予報をチェックすることができる、海外旅行に便利なアプリです!

GPSを利用し最寄りのエリアの天気が表示されるだけでなく、都市名を入力してローケーションを追加することができます。

Screenshot_2016-03-15-17-20-31

週間天気予報の画面。世界各地の都市を登録して、天気予報をチェックできます!

現在の天気や1時間ごとの天気や気温の推移、週間天気予報(1週間じゃなく2週間先までの天気予報が表示されます)。

また、地図やお天気レーダー画像をチェックすることも可能です。「ビデオ」をタップすると、その地域に関連した天気予報番組を動画で観ることもできるようです。日本語表示にも対応しているので、数ある天気予報アプリの中でも重宝しています。

Appstore:https://itunes.apple.com/us/app/accuweather-weather-for-life/id300048137?mt=8

Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.accuweather.android

 

いかがでしたでしょうか?

以上が筆者が日頃から利用しているオススメのアプリ9つでした。

3つ目の「Foody」4つ目の「Grab Taxi」6つ目の「JV-DICT」を除けば、ベトナム以外でも世界中で使えるアプリばかりです。

これらのアプリをぜひ旅行や生活をより豊かにするために使ってみて下さい!

ではまた!

P1050069-min.jpg

海外で楽しく過ごそう!ベトナム生活を楽しくする7つの心構え@ハノイでインターン

シンチャオ、こんにちは!

今回は、ベトナム・ハノイに来て2ヶ月以上生活してみて感じた、ハノイに旅行や生活をする人が楽しく過ごすために心がけたいことをポイントを絞ってまとめてみようと思います。

これからハノイに来る方の参考になれば幸いです。

それでは行ってみましょう!

1:道はゆっくり慎重に渡ろう!

P1050069-min

 

ハノイの中心部では、近年は信号も増えてきて交通の整備が少しずつは進んできています。とはいえ、まだまだ横断歩道や信号のない道ばかりです。交差点を歩いて渡るときには、左右からやってくる車やバイクに注意を払いながら渡らないといけません。

そのため、道を渡るときは、ゆっくり、走らず、戻らずに歩きましょう! 

2:スプーンと箸は使う前にティッシュで拭こう!

P1060082

街の屋台や食堂で食事を楽しむのもベトナムでの旅行、生活の楽しみの一つでしょう。ただ、ローカルのお店や屋台に行ったときには、食器や店内が不衛生と感じる場所も少なくありません。
そういった場所にいったときは、スプーンと箸を食べる前にティッシュで拭きましょう!
これは、現地の人たちも普通にやっていることなので、失礼ではないです。

3:ベトナムドンの目安は0を3つ取ってカケル5倍と覚えよう!

ho-chi-minh-1412680-639x610

ベトナムの通貨単位はドン(VND)です。100~50万ドンまで、13種類の紙幣と200~5000ドンまでの5種類のコインがあるようです。コインはあるみたいなんですが、ほとんど流通していないようです。
 ベトナムドンはあまりにも日本円と単位が違うので日本人にはなかなか慣れるのに時間がかかると思います。私も最初は馴染むのに時間がかかりました。
そこで、簡単な計算法としては、1万ベトナムドンが約50円(多少は為替レートによる変動はあります)なので10,000ドンの0を3つ取って10×5=50円と計算しましょう。
そうすると、50,000ドンの場合は50×5=250円、100,000ドンの場合は100×5=500円とおおよそですが日本円に換算できます。

4:断るときはハッキリ断ろう!

hanoi-3-1559772-639x423

ベトナムでは街を歩いていると、バイクタクシーや売り子さんなどから声をかけられることがよくあります。中には知ってる日本語を使ってひたすら会話をしようとしてくる人や無理やり物を売りつけるために渡してきたりすることもあるので、そういう時は毅然とした態度で断りましょう。
ハノイではまだいいのですが、ホーチミンを訪れたとき、バイクタクシーのおじさんが日本語で書かれた日記を見せてきて、観光案内をしてあげるからバイクタクシーに乗りなよ!という勧誘がしつこかったです(笑)
物を買ったりサービスを利用する気がないときは、ハッキリ断りましょう!

5:簡単なベトナム語を覚えよう!

vietnamese-girl-3-1517756-640x448

 ハノイでも旧市街などの観光の中心の地区であれば英語が通じることが多いです。ですがせっかくベトナムに来るのなら「シンチャオ」(こんにちは!)ぐらい、あいさつや簡単なベトナム語の会話は覚えておくといいです!

「指差し会話帳」や地球の歩き方などのガイドブックの後ろの方のページにも簡単なベトナム語が載っています。

一言、二言だけでも覚えて実際に使ってみることで、ベトナム人は喜んでくれるはずです!

6:ベトナム人と交流しよう!

10414402_1002852046455753_8102065247123800829_n

せっかく海外、ベトナムに来たのだから、現地の人との交流も楽しみたいもの。ハノイでは旧市街のホアンキエム湖周辺では英語を使いたい大学生が旅行者に積極的に話かけている姿をみることができます。
また、カフェや公園で休んでいると、ベトナム人の方から話しかけてくることもよくあります。日本に親しみを持っているベトナム人も多いです。日本語学校に行ったときのレポートを読んでもらえばわかるかと思います。
突然話かけられて怪しい!といった疑いの気持ちをもつことも大切ですが、若い人や学生であればそれほど警戒することもないです。ぜひ積極的に交流して現地の友人を作ってみて下さい!

7:日本人コミュニティーにも顔を出してみよう!

img_3135-1.jpeg

ハノイには、多くの日系企業の駐在員の方、ビジネスを展開している起業家の方や現地の大学に留学できている学生などなど多くの日本人が住んでいます。このブログでも日本人のサークルや県人会などコミュニティー情報の発信を始めています。

・ハノイ日本人コミュニティ

ぜひ海外に出てきた人たちの様々な考えを知るチャンスでもあるので、日本人のコミュニティとも交流してみましょう。

 いかがでしたでしょうか?
ここで挙げたこと以外にも心がけたいことはあると思いますが、私が思うポイントを7つ挙げてみました。海外での生活は、事故やトラブルに巻き込まれないように細心の注意を払いつつも楽しく過ごしましょう!
ではまた!

 

2ad86311642ded3b99c3a81d6a3fc69d.jpg

ハノイで温泉気分を味わえる!日本式ビジネスホテル「東屋ホテル」の露天風呂はオススメです!

シンチャオ、こんにちは!

今回は、ハノイにある露天風呂に行ってきたのでレポートしていきます。

露天風呂があるのは「東屋ホテル」という日本人向けのビジネスホテル。

ベトナムに全部で7店ある「東屋ホテル」はハノイにも3店ある、和食の朝食と露天風呂がある日本人ビジネスマン向けのホテルです。

ハノイで誰でも利用できる露天風呂

ホテルの売りは、日本語のサービスと日本の和食が中心の朝食のサービスと屋上にある露天風呂。

屋上にある露天風呂は、宿泊者以外の方でも10万VND(約510円)で利用できます。

今回、行った場所は「東屋キンマー2」という静かな湖のほとりにある新しいお店。ホテルの受付に行くと、露天風呂を利用する人はタオルを貸し出してもらえます。

屋上露天大浴場は8階にあります。

P1060297

「露天風呂」の営業時間は、

月〜金は6時〜10時、18〜24時

土、日は7時〜23時までなようです。

露天風呂内には、大浴場とサウナ、シャワーが完備されています。

疲れを癒すのに最高!

東屋ホテル

屋上露天大浴場

こちらは東屋キンマー1の露天風呂。5、6人入ってもゆったりできるぐらいの広さがありました。

ハノイでの疲れを癒せるお風呂とサウナに、約500円というワンコイン価格で利用できるのはうれしい限りです。

サウナで汗をかいて、大浴場で夜景をハノイの夜景を眺めながらリラックスできるのは最高でした。

温泉気分を味わえるので、ハノイで疲れを癒したいときはぜひ行ってみて下さい。

それでは、詳しい情報です。

・「ベトナム東屋ホテル」

P1060299

住所(東屋キンマー2):18A Pham Huy Thong St., Ba Dinh Dist., Ha Noi

ハノイ市内には3店舗(東屋ハイバーチュン、東屋キンマー1、キンマー2)あります。

詳しくは公式ホームページを見てみて下さい!

c2970bf3f5d827835d7e1a07b3c79c4d-1.jpg

2016年12月末開業へ!ハノイ市内初のメトロ、都市鉄道が街の風景を変えていく!@ベトナム・ハノイで不動産投資

シンチャオ、こんにちは!

今回は、正式に開業が決定した、ハノイ市内を結ぶ都市鉄道について説明したいと思います。

 

12月末に開業へ

ベトナム鉄道総公社(Vietnam Railways)傘下の鉄道プロジェクト管理委員会によると、プロジェクトの一部であるハノイ市都市鉄道(メトロ)の2A号線(ドンダー区カットリン〜ハドン区間)を12月31日に正式に開業することを明らかにしています。

 

カットリン駅ができる近くの工事が完了した路線区間

先月の時点で、案件の70%が完了しているようです。今年9月末までに全ての建設工事を完了させる予定だそうです。工事完了後、10月にも試運転を行う見通しだということです。

メトロ2A号線の全長は13.5kmで、12駅が設置されます。路線は2分間隔で運行し、平均速度は35km/hとなるようです。この案件は2011年10月に着工し、2016年第1四半期に開業する予定だったのですが、用地や資金調整などの問題により2016年末に延長されていました。

ハノイでは、全部で8路線の計画があるのですが、一番工事が進んでいるのが2A号線です。

ハノイ 都市鉄道路線図

今回、開業するのがこちらの図のうすい紫色の区間。ハノイ中心部から南側への路線です。2020年までには、全ての路線が整備されることが期待されているようですが、まだまだ工事が進んでいない区間も多く、いつ工事が完了するのか不透明な部分があります。

 

ハノイの交通問題解消へ

路線を走る車両モデル

路線を走る車両モデル

ハノイでは著しい経済成長やハノイ市拡大計画による都市のエリア拡大によって、急激に人口が増加しています。そのため、都市部を中心に慢性的な交通渋滞が発生し、問題視されています。

また、2014年時点で人口約709万人だったのが、2020年には800万人を超えると予想されています。

今後、渋滞の問題がより一層深刻になることが懸念され都市の持続的な発展のため、都市鉄道を整備することが急務になっている状況です。

ハノイ市内に都市鉄道が整備され、市民の日常の移動手段として定着するようになるまでには、まだまだ時間がかかりそうですが、交通渋滞の緩和が期待されます。

ハノイの不動産市場においても、鉄道が街中に整備されたら多くの物件の価値が上がることが予想されます。

不動産投資を検討されている方にとっても、都市鉄道の整備は長期投資への背中を押す要因になりうるのではないでしょうか。

ではまた

P1060049-min.jpg

日本の食品なら一通り揃う!日本食材スーパー「Akuruhi Super Market」(アクルヒ)の紹介

シンチャオ、こんにちは!

今回は、ハノイにある日本の食材や食品を専門に売っているスーパー「Akuruhi Super Market」を紹介します。

以前、紹介した大型スーパーの「BigC」、地元スーパー「Intimex」との違いはその品揃えにあります。

なんと、店内に置いてあるほとんどの商品が日本の食品や食材です。

地元のスーパーには置いていない、納豆やそば、うどん、日本のビールやカップ麺、日本産のたまごなどなどハノイではここでしか買えないのでは?と思う商品がたくさん置いてありました。店内の商品を一部ですが写真に撮ってきたので紹介します。

P1060047-min P1060045-min P1060044-min P1060040-min P1060037-min P1060035-min

店内にはぎっしりと日本の冷凍食品から調味料やわさび、カレー粉、麦茶や緑茶、さらにはシャンプーや洗顔料まで日本のスーパーやドラッグストアで見慣れている商品がズラリと並んでいました。これらの写真はほんの一部です。

ベトナム・ハノイで生活していて、日本の商品が恋しくなったらここに来ればいいでしょ!

ベトナムに来てから1ヶ月、ローカルなベトナム料理ばかり食べていた筆者は思わずそう思ってしまいました。

ただ、気になる値段ですが、ローカルのスーパーや商店と比べれば当然ですがやや高くなります。

P1060042 P1060036

例えば、納豆のパックが11万VND(約550円)、カップ麺が8万ドン(約400円)とやや日本で買うよりも高めの値段設定でした。(2016年2月現在)

ですが、ベトナム在住の日本人にとっては、見慣れた日本の商品が並んでいるのは何より安心感がありました。

ベトナムに来た方が、自炊で日本食を作りたい、日本の商品が食べたいときにはここに来れば求めてる食べ物に出会えるでしょう。

また、この店舗は海外赴任の日本人駐在員の方に人気の地区、Ba Dinh(バーディン)地区にあります。こちらの地区は、ハノイの中でも家賃相場はやや高く、日本大使館や日系企業が入居するオフィスビル、日本食レストランが多く、単身者にオススメの地区になります。

こちらのスーパーですが、調べてみたらハノイ、ホーチミン両方に店舗があるようです。公式サイトがあったので、載せておきます。サイトページの「NEW PRODUCTS」というカテゴリを見れば、この店舗のもっと詳しい食品の品揃えなどがイメージできると思います。

それでは、詳しい店舗情報を載せておきます。

・HANOI AKURUHI SUPERMARKET

住所:70 Linh Lang Street. Ba Dinh Dist,Hanoi

営業時間:年中無休、午前9時〜午後10時

http://www.akuruhi.com/newproducts (アクルヒスーパーマーケットの新商品情報)

 

 

 

 

P1050995.jpg

ベトナムで使える安心、便利なタクシー配車アプリ「Grab Taxi」と「Uber」の紹介、両サービスを比較してみた!

シンチャオ、こんにちは!

今回は、ベトナムのハノイやホーチミンなどの都市部の移動の足として便利なタクシー配車サービスについて紹介したいと思います。

ベトナムを始め東南アジアでタクシーを使うのは不安な方も多いのでは?

P1050995

「Grab Taxi」と連携しているタクシー会社「マイリンタクシー」の車。カラーが緑なのが特徴。

東南アジアを始めとする海外では、日常的にボッタクリにあって法外な値段を請求される、乗る前にドライバーと価格交渉が必要な場合がある、発展途上国によっては知らないところに連れていかれたり急に襲われるなどの危険を感じたというケースも少なくありません。さらに、現地の言葉しか通じないことも多く、海外でのタクシー利用に不安を感じている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ベトナムでタクシーを利用するならアプリを使って呼べる配車サービスがオススメ

そういったタクシーを利用する危険性やリスクが極めて少なく、比較的安心して利用できるのがタクシー配車アプリです。安心して利用できる理由は後述します。

ベトナムでは、スマートフォンの普及に加えてハノイやホーチミンなどの大都市部でも街中を走る都市鉄道が整備されていない現状があり、アプリを使ったタクシー配車サービスの人気がジワジワと高まっています。

代表的な二大サービス「Grab Taxi」と「Uber」

P1050998-min

「Grab Taxi」、「Uber」共に予約すると、利用者のリクエストに応じたタクシーのナンバープレートの番号がアプリ上で通知されます。

※乗車前には車体の前方のナンバープレートの番号とアプリに通知された番号が一致しているかを必ず確認しましょう!

ベトナム国内で、日本人を始めとした外国人が利用しやすいタクシー配車アプリが「Grab Taxi」と「Uber」です。「Uber」は日本でもサービスを展開しているので、聞いたことのある方もいるのではないでしょうか。それではこの2つのサービスの紹介と比較をしていきたいと思います。

稼働台数が多く利用しやすい「Grab Taxi」(グラブタクシー)

「Grab Taxi」は、マレーシアの起業家が作ったタクシー配車アプリで、現在では東南アジア6カ国28都市(2015年2月現在)でサービスを展開しています。ベトナムでもハノイ、ホーチミン、ダナンの街中で利用できます。

多くのタクシー会社と提携しており、ハノイやホーチミン市内では稼働している台数が多く、比較的すぐに利用できることが多いです。

それでは、私が実際に使ってみたときにとったスマホの写真をみながら、使い方を説明していきます。
Screenshot_2016-02-16-11-00-55

 Grab Taxiを利用したいと思ったときは、まずアプリを立ち上げます。すると上の画面のように現在稼働している現在地周辺のタクシーがイラストで表示されます。まずはPICK-UP欄にタクシーに迎えに来てほしい場所の住所や建物名、店名などを入力あるいは選択しましょう。

また、Grab Taxiはアプリ下の画面で個人のドライバーが迎えにくる「Grab Car」、またバイクタクシー「Grab Bike」というサービスも選択できます。

Screenshot_2016-02-16-11-01-44

PICK-UP欄に住所や店名を入力したら、今度はDROP-OFF欄に目的地を入力あるいは地図上で選択しましょう。目的地を選択したら現在地から目的地の距離や見積額が目安として表示されます。ベトナム国内でのGrab Taxiの支払い方法はCash(現金払い)のみとなっています。(2016年2月現在)。

目的地を選択しすぐにタクシーを呼びたい場合はPick-up Nowを押して下さい。そうすると近くにいるタクシーがリクエストを承諾し、あなたが入力した住所に駆けつけます。

また、何かドライバーに伝えたいことがある場合は「Notos to driver」の欄に記載します。「Promo Code」(割引コード)をお持ちの場合はそこにコードを入力すると割引のサービスが受けられます。
Screenshot_2016-02-06-21-16-48

無事にタクシーに乗車できた後、走行中はこのように現在地にタクシーのイラストが表示され、目的地までのあと何分で到着されるのかの目安が表示されます。この写真ではあと3分と表示されています。

写真上部の緑の点が目的地です。このように乗車中は常に地図が表示されているので、ドライバーが最適な経路で運転しているのか常に確認することができます。

 Screenshot_2016-02-06-21-40-35

指定した目的地に到着し、メーターに表示された料金を支払います。降車後、アプリの画面にこのようにドライバーを星1つ〜5つでの評価を求める画面が表示されます。写真のように星3つ以下の評価をしようとすると、「What can we improve on?」という改善点を尋ねられ、運転手のサービス、車の質、走行経路、到着時間、アプリの使い勝手など改善点がどこにあるのかを選択できます。

また、何かコメントしたい場合は下の画面にコメントを記入した上で提出(SUBMIT)ボタンを押すと評価が完了します。降車後は、登録したEメールアドレスの方にも領収書が届くようになっています。

以上が大まかな使い方の流れになります。

もし登録を検討する方は、こちらからGrab Taxiに新規登録していただけると、登録した方にもれなく3万ベトナムドン(日本円で約150~160円分)のクーポンがゲットできるので、興味を持った方はぜひ登録してみて下さい。

こちらのリンクは電話番号から登録する形になっているので注意して下さい。ベトナムの現地のSIMカードをお持ちで電話番号を持っている方であればすぐに登録が完了し利用をスタートすることができます。

カード払いもできる「Uber」(ウーバー)

「Uber」は、2009年に創業し、現在ではアメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、アジア、日本でも東京でサービスを利用できる世界中で普及し続けているタクシー配車サービスです。ベトナムではハノイやホーチミンで既にサービスを展開していて、これからダナン市やニャチャン市での試験導入を開始する計画があるようです。
こちらも、私がハノイで実際に使ってみたときの写真を使いレポートしてみます。
Screenshot_2016-02-16-11-03-26
まずアプリを立ち上げるとこのように現在地周辺の地図が表示されます。近くに稼働中の車がある場合、先ほどのグラブタクシーと同じように車のイラストが表示されます。乗車のリクエストをする場合、乗車場所を設定するという所をタップします。
Screenshot_2016-01-13-20-00-57

乗車場所の設定後、リクエストのボタンをタッチすると、ドライバーが自分がいる現在地周辺に向かい始めます。上の写真は、Uberを呼んだ後、ドライバーが依頼した人の元へ向かっていることをお知らせする画面です。

車を待っている間に、あと何分で来るのかの目安とタクシーと自分の位置関係が把握することができます。また、乗車後もスマホで位置情報サービスを利用していれば、現在地と目的地の位置関係、到着予想時刻をいつでも知ることができ便利です。

Screenshot_2016-01-13-20-24-31

目的地に到着し、タクシーから降りると上のような画面が表示され、走行距離と経路、料金の領収書が表示されます。

「Grab Taxi」との違いは、クレジットカードを事前にアプリ内で登録しておくと、現金かクレジットカード払いの選択ができます。カード払いの場合、降車時に料金を払う必要がないのでスムーズに降車することができ、支払いの煩わしさもありません。こちらも降車後、ドライバーを星1〜5つでの評価が求められ評価することができます。

いかがでしたでしょうか?
Uberを利用してみたい方は、アプリをインストール後、プロモーションコードの入力欄で「th3t3yn4ue」を入力して利用を始めてみて下さい。2000円分の割引クーポンが使えます。ただし、割引は日本でのみ適用されるようなので注意して下さい。

利用するにあたっての注意点3つ

1:タクシー配車アプリを使う前に、自分が現在いる場所の住所、通りの名前を確認しておきましょう。

ベトナムではGrab Taxi、Uber共に予約直後にドライバーから電話がかかってきて、今いる場所を聞かれるケースがほとんどです。住所や通りの名前の発音や説明が面倒な方は比較的分かりやすいホテルやショッピングセンター、飲食店、銀行などの建物の前から呼んでその場所を伝える方がいいでしょう。

2:運転手の評価システムがあるとはいえ、車内で居眠りしたり、行き先の住所や目的地までの大まか道のりを忘れないようにしましょう。

スマホの位置情報や地図サービスを使って、現在の場所が分かったり行き先を指定できるとはいえ、ドライバーが慣れていない道で遠回りしてしまったり、乗客が寝ているのをいいことにメーターの動く速度を速めて少しでも高い値段を取ろうとするドライバーもいるかもしれません。くれぐれも海外でタクシーを利用するときには、細心の注意を払うと共に、目的地までの大まかな行き方ぐらいは把握しておきましょう。

3:英語や日本語が通じる運転手の場合、不必要な情報を与えないようにしましょう。

ドライバーが英語や日本語が話せる場合、うれしくなってついつい自分が旅行者であることや、この土地に来たのは初めてであること、目的地の場所に行くのが初めてであることなどを会話の中で話してしまうことがあるかもしれません。そういった場合、普通に雑談することはいいと思いますが、こういった情報を自ら与えてドライバーが乗客の足元を見て、目的地までの道のりを遠回りしたり、ボッタクリを企てることも考えられなくはないので、細心の注意を払いましょう。

まとめ

注意点を3点挙げましたが、Grab Taxi、Uberまたはその他のタクシー配車アプリは普通に流しのタクシーを利用するのに比べて安全性は高いです。注意を払いつつも、日常や旅先の移動手段として利用してみて下さい。

筆者はGrab Taxi、Uber両方を使ってみましたが、目的地までほぼ最短距離で運転してもらえ、料金も通常のタクシーより割安な値段で利用できました。評価システムや身分が明らかな運転手しかいないことで流しのタクシーを利用するよりもはるかに安心して利用できるのは間違いありません。

ぜひ一度利用してみてその便利さを実感してみて下さい。

公式サイトのリンク

・「Grab Taxi」の公式サイト(英語版)

https://www.grab.co/vn/en/ 公式サイトからアプリのダウンロードができます。

また、こちらのリンクから登録していただくと、3万ドン分の割引クーポンが付いてきます。初回利用時の最初の2〜3キロ分が割引されます。ただし、こちらからの登録はベトナムを始め利用を開始する国の電話番号を持っている必要があります。https://invite.grab.co/hideyuki37267

 

・「Uber」の公式サイト(日本語対応)

https://www.uber.com/ こちらの公式サイトから登録、アプリのダウンロードができます。

登録後、プロモーションコードの入力欄で「th3t3yn4ue」を入力して利用を始めると2000円分の割引クーポンが使えます。ただし、割引は日本でのみ適用されるようなので注意して下さい。

 

P1050993-min.jpg

ちょっとした買い物に便利!ハノイの地元スーパー「Intimex」の紹介

シンチャオ、こんにちは!

今回は、ハノイの地元系スーパーマーケット「Intimex」に行ってきたので紹介したいと思います。

P1050993-min

こちらは外資系ではなく、地元のスーパーでハノイ市内に数店舗あります。店の目の前にバイクを駐車できます。

今回、行ったのはHào Nam通りにある店舗です。ハノイの観光の中心、旧市街、ホアンキエム湖の近くにも店舗がありますが、観光客の方はそちらの店舗でベトナムみやげを物色するのもいいかもしれません。こちらの店舗はお客さんは主に地元のベトナム人と在住外国人で生活に密着したスーパーです。

店舗内は2階建てになっており、一階に牛乳やヨーグルトなどの乳製品、冷凍食品や果物、パンやお米などの食品やワインなどのお酒や飲料が販売されており、2階にはお菓子や日用品、フライパンや鍋などの調理器具、炊飯器などの生活家電まで置いてあります。

それでは、店内を一部写真で紹介していきます。

P1050990-min P1050989-min P1050971-min P1050966-min P1050963-min P1050962-min

こちらは一階の売り場の写真。牛乳、お酒、調味料、ハム、インスタントの 麺など売り場の一部の写真です。調味料や牛乳、ヨーグルトなどの乳製品、ワインなどのお酒やしょうゆなどの調味料は品揃えも豊富に揃っていました。

P1050975-min P1050976-min P1050977-min P1050978-min P1050972 P1050973

こちらは2階の売り場です。お菓子や紅茶、コーヒーなどの嗜好品の品揃えが豊富でした。また調理器具や炊飯器、シャンプー、おむつ、ハンガーや掃除用品などの日用品も数多く置いてありました。右上の写真の洗濯ネットなど日本語で書かれた商品も一部置いてありました。お菓子や日用品はこちらのスーパーで十分満足できる品揃えではないかと感じました。

一般的に、ハノイではIntimexやFIVIマートなどの地元系よりもBigCなどの外資系スーパーのほうが、肉・魚・野菜などの生鮮食料品の品数が揃っているので、生鮮食料品を購入したいときは外資系の大きなスーパーに行ったほうがよいでしょう。

また、こちらのIntimexの店舗はバイクは駐車できますが、車の駐車場がありません。徒歩やバイクで行ける圏内からのお客さんが中心です。なので週末で車やタクシーを利用して食材をまとめ買いしたいときなどには向いていません。その場合は、イオンやBigCなどの外資系のスーパーに行ってみてください。

ただ、日常のちょっとした買い物、牛乳、パン、冷凍食品、お菓子、日用品などはIntimexなどの地元のスーパーでも十分に揃います。また、これは実感ですが地元のスーパーのほうが全体的に価格が安い傾向にあるので日常生活の中でうまく使い分けるのがいいのではないかと思います。

店舗の住所:Hào Nam、Ô Chợ Dừa、Đống Đa、Hà Nội

旧市街近くの店舗の住所:22 Lê Thái Tổ、Hoàn Kiếm、Hà Nội

営業時間:10時〜22時

P1050259-min-1.jpg

肉、魚、果物、野菜..生鮮食品が充実!ハノイの大型スーパー「Big C」の紹介

シンチャオ、こんにちは!

今回は、ベトナムの有名ショッピングセンター「Big C」に行ってきたので紹介したいと思います。

ハノイで生活されている日本人にとってはもちろん、現地のベトナム人にも人気のショッピングセンターです。

ハノイに「Big C」は5店舗あります。(2016年2月現在)

HÀ NỘI

– Big C Thăng Long
– Big C Mê Linh

– Big C Ho Guom
– Big C The Garden
– Big C Megamall Long Biên [Big C公式ホームページより]

行き方ですが、Google Mapでそれぞれの店名を入力すれば場所が表示されるので分かりやすいかと思います。

P1050259-min

今回、私が行ったのはCau Giay地区にある「Big C」です。
 それでは中の様子を一部紹介します。
1階はファッションや化粧品、時計などの高級ブランド店、家電、携帯ショップ、家具、寝具など様々なテナントが入っていました。
P1050249-minP1050251-minP1050252-minP1050253-minP1050254-minP1050263-min
これらのお店はほんの一部です。他にも雑貨屋さんや、眼鏡屋さん、飲食店がたくさん入ってました。
この日はテト前の週末ということもあり、2階にあるスーパーは大混雑していました。
P1050261-min
(レジ前に並んでいた人たち。スーパーの中に入る前に、荷物はカウンターに預けロッカーで保管してもらうか、ビニール袋で係員に密閉してもらってから入ります。)

レジが60以上あるのに、レジ待ちの人で行列ができていました。旧正月のお休み前ということで、この日が1年で一番混雑する日なのかもしれません(笑)。店員の方によると週末は混雑するがこの日は異常!だそうです。

スーパーの中は写真撮れなかったのですが、肉や魚、野菜、フルーツなどハノイ市内の小さなスーパーにはなかなか売ってない生鮮食品が充実してました。白菜や人参、バナナ、リンゴ、寿司など日本人にとって身近な食べ物が買えるのでこれからお世話になりそうです。スーパーですが洗剤などの日用品やテレビや炊飯器などの家電製品も売ってました。3階にはフードコートもあり、ベトナム料理がリーズナブルな値段で楽しめます。

ハノイで生活される日本人にとっては、ここに来れば食品や生活用品はほとんど揃えられると思います。車、バイクの駐車場も広く、子供が遊べる遊具が置いてある広場もあったので家族連れでも楽しめそうです。ぜひ足を運んでみて下さい。

ハノイでSIMフリー #How to Hanoi

Question :ハノイでSIMフリーにするためにはどうすればいいの!

 

海外で生活しているとどうしても気になるのが電話とネットですよね。

みなさんどうしていますか?

現地で携帯を買う人、日本の携帯をそのまま使う人、いろいろいると思います。

でも、日本のiPhoneってSIMロックかかってるんですよねー。

日本の携帯でも現地で使えるようにしたいなー。でもSIMフリーじゃないしなー。

そんな事ってあると思います!

というわけで今回お送りするのはズバリ!

ハノイでできるSIMフリー

をお送りしたいと思います。

それではいってみましょう!

 

 

まずはお店から。

外観

外観

アップルのマークのお店です。

とりあえず、SIMフリーにしたいことを伝えました!

あ、ちなみにSIM入れ替えのときに、現地キャリアのSIMカードが必要です!

ぼくは、買うの忘れていたので、お店のおっちゃんと一緒に買いに行きました!

そして待つこと5分。

やっと日本の携帯で電話もメールもネットもできるようになりました!

費用は250,000ドン。約1200円です!

 

2016-01-07 18.38.05

 

右のおっちゃんは英語がしゃべれるので安心でした!

 

ただ、ネットと電話を継続して使い続けるためには、

別売の専用のカードを買って課金しなけれないけません!

要するに、プリペイドチャージ

その詳細は、こちら

ハノイでSIMフリーを駆使!SIMチャージに挑戦@ハノイでインターン をチェック!

 

結論 :ハノイでSIMフリーにできる!英語話せるおっちゃんもいる!

 

いかがだったでしょうか?これでSIM解除するのを忘れていても大丈夫ですね!

それではまた次回のHow to Hanoiをお楽しみに!さようならー!

 

 

■詳細■

お店:Appleのマーク

住所:108 Tôn Đức Thắng, Hà Nội, Việt Nam

ハノイで日本のマンガが読める!Queen’s Coffee Japan #How to Hanoi

Question :ハノイで日本のマンガを読みたいときはどうすればいいの!

 

ハノイで生活しているとよくベトナム人に言われるのが、「スラムダンク!」「ナルト!」「ワンピース!」

いやー日本の漫画の影響力ってすごいなーと思います!

そんなに言われると、久々に読もうかなー。でも、カフェに行ってもベトナム語版しか置いてないしなー。

どこに行ったら日本語で読めるのー!?

というわけで今回お送りするのはズバリ!

日本のマンガを日本語で読めるカフェ”Queen’s Coffee Japan”

をお送りしたいと思います。

それではいってみましょう!

 

 

まずはお店。

お店の外観

お店の外観

そして内観。

お店の外観

1F内観

まずは、1階です。

奥の壁には、ワンピースやナルトが描かれています。

2F内観

2F内観

次に、2階。

1階と2階、どちらもカフェのようです。

そして、お目当てのマンガコーナーは1階にあります!

ベトナム語版

ベトナム語版

日本語版

日本語版

たくさんマンガがありますね!ベトナム語と日本語のどちらもあるようです!

HUNTER×HUNTERや幽遊白書、スラムダンクやクロサギなど豊富にそろっていました!

ちなみに、

クイーンズカフェには、白猫の”そうちゃん”がセクシーポーズで待機しています!

ドヤ顔のセクシーポーズを決めるそうちゃん

ドヤ顔のセクシーポーズを決めるそうちゃん

実にセクシーですが、オスです(笑)

 

 

 

結論 : ハノイでマンガが読みたくなったらクイーンズカフェに行くべし!そうちゃんも待ってる!

 

いかがだったでしょうか?これでハノイでマンガが恋しくなってもへっちゃらですね!

それではまた次回のHow to Hanoiをお楽しみに!さようならー!

 

■詳細■

店名: Queen’s Coffee Japan

住所: 7 Trần Quý Kiên, Dịch Vọng, Cầu Giấy, Hà Nội

ハノイ中心地より西側。

Cầu Giấyを進み、KFCのところで右折すると見えます。