c2970bf3f5d827835d7e1a07b3c79c4d-1.jpg

2016年12月末開業へ!ハノイ市内初のメトロ、都市鉄道が街の風景を変えていく!@ベトナム・ハノイで不動産投資

シンチャオ、こんにちは!

今回は、正式に開業が決定した、ハノイ市内を結ぶ都市鉄道について説明したいと思います。

 

12月末に開業へ

ベトナム鉄道総公社(Vietnam Railways)傘下の鉄道プロジェクト管理委員会によると、プロジェクトの一部であるハノイ市都市鉄道(メトロ)の2A号線(ドンダー区カットリン〜ハドン区間)を12月31日に正式に開業することを明らかにしています。

 

カットリン駅ができる近くの工事が完了した路線区間

先月の時点で、案件の70%が完了しているようです。今年9月末までに全ての建設工事を完了させる予定だそうです。工事完了後、10月にも試運転を行う見通しだということです。

メトロ2A号線の全長は13.5kmで、12駅が設置されます。路線は2分間隔で運行し、平均速度は35km/hとなるようです。この案件は2011年10月に着工し、2016年第1四半期に開業する予定だったのですが、用地や資金調整などの問題により2016年末に延長されていました。

ハノイでは、全部で8路線の計画があるのですが、一番工事が進んでいるのが2A号線です。

ハノイ 都市鉄道路線図

今回、開業するのがこちらの図のうすい紫色の区間。ハノイ中心部から南側への路線です。2020年までには、全ての路線が整備されることが期待されているようですが、まだまだ工事が進んでいない区間も多く、いつ工事が完了するのか不透明な部分があります。

 

ハノイの交通問題解消へ

路線を走る車両モデル

路線を走る車両モデル

ハノイでは著しい経済成長やハノイ市拡大計画による都市のエリア拡大によって、急激に人口が増加しています。そのため、都市部を中心に慢性的な交通渋滞が発生し、問題視されています。

また、2014年時点で人口約709万人だったのが、2020年には800万人を超えると予想されています。

今後、渋滞の問題がより一層深刻になることが懸念され都市の持続的な発展のため、都市鉄道を整備することが急務になっている状況です。

ハノイ市内に都市鉄道が整備され、市民の日常の移動手段として定着するようになるまでには、まだまだ時間がかかりそうですが、交通渋滞の緩和が期待されます。

ハノイの不動産市場においても、鉄道が街中に整備されたら多くの物件の価値が上がることが予想されます。

不動産投資を検討されている方にとっても、都市鉄道の整備は長期投資への背中を押す要因になりうるのではないでしょうか。

ではまた

P1050995.jpg

ベトナムで使える安心、便利なタクシー配車アプリ「Grab Taxi」と「Uber」の紹介、両サービスを比較してみた!

シンチャオ、こんにちは!

今回は、ベトナムのハノイやホーチミンなどの都市部の移動の足として便利なタクシー配車サービスについて紹介したいと思います。

ベトナムを始め東南アジアでタクシーを使うのは不安な方も多いのでは?

P1050995

「Grab Taxi」と連携しているタクシー会社「マイリンタクシー」の車。カラーが緑なのが特徴。

東南アジアを始めとする海外では、日常的にボッタクリにあって法外な値段を請求される、乗る前にドライバーと価格交渉が必要な場合がある、発展途上国によっては知らないところに連れていかれたり急に襲われるなどの危険を感じたというケースも少なくありません。さらに、現地の言葉しか通じないことも多く、海外でのタクシー利用に不安を感じている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ベトナムでタクシーを利用するならアプリを使って呼べる配車サービスがオススメ

そういったタクシーを利用する危険性やリスクが極めて少なく、比較的安心して利用できるのがタクシー配車アプリです。安心して利用できる理由は後述します。

ベトナムでは、スマートフォンの普及に加えてハノイやホーチミンなどの大都市部でも街中を走る都市鉄道が整備されていない現状があり、アプリを使ったタクシー配車サービスの人気がジワジワと高まっています。

代表的な二大サービス「Grab Taxi」と「Uber」

P1050998-min

「Grab Taxi」、「Uber」共に予約すると、利用者のリクエストに応じたタクシーのナンバープレートの番号がアプリ上で通知されます。

※乗車前には車体の前方のナンバープレートの番号とアプリに通知された番号が一致しているかを必ず確認しましょう!

ベトナム国内で、日本人を始めとした外国人が利用しやすいタクシー配車アプリが「Grab Taxi」と「Uber」です。「Uber」は日本でもサービスを展開しているので、聞いたことのある方もいるのではないでしょうか。それではこの2つのサービスの紹介と比較をしていきたいと思います。

稼働台数が多く利用しやすい「Grab Taxi」(グラブタクシー)

「Grab Taxi」は、マレーシアの起業家が作ったタクシー配車アプリで、現在では東南アジア6カ国28都市(2015年2月現在)でサービスを展開しています。ベトナムでもハノイ、ホーチミン、ダナンの街中で利用できます。

多くのタクシー会社と提携しており、ハノイやホーチミン市内では稼働している台数が多く、比較的すぐに利用できることが多いです。

それでは、私が実際に使ってみたときにとったスマホの写真をみながら、使い方を説明していきます。
Screenshot_2016-02-16-11-00-55

 Grab Taxiを利用したいと思ったときは、まずアプリを立ち上げます。すると上の画面のように現在稼働している現在地周辺のタクシーがイラストで表示されます。まずはPICK-UP欄にタクシーに迎えに来てほしい場所の住所や建物名、店名などを入力あるいは選択しましょう。

また、Grab Taxiはアプリ下の画面で個人のドライバーが迎えにくる「Grab Car」、またバイクタクシー「Grab Bike」というサービスも選択できます。

Screenshot_2016-02-16-11-01-44

PICK-UP欄に住所や店名を入力したら、今度はDROP-OFF欄に目的地を入力あるいは地図上で選択しましょう。目的地を選択したら現在地から目的地の距離や見積額が目安として表示されます。ベトナム国内でのGrab Taxiの支払い方法はCash(現金払い)のみとなっています。(2016年2月現在)。

目的地を選択しすぐにタクシーを呼びたい場合はPick-up Nowを押して下さい。そうすると近くにいるタクシーがリクエストを承諾し、あなたが入力した住所に駆けつけます。

また、何かドライバーに伝えたいことがある場合は「Notos to driver」の欄に記載します。「Promo Code」(割引コード)をお持ちの場合はそこにコードを入力すると割引のサービスが受けられます。
Screenshot_2016-02-06-21-16-48

無事にタクシーに乗車できた後、走行中はこのように現在地にタクシーのイラストが表示され、目的地までのあと何分で到着されるのかの目安が表示されます。この写真ではあと3分と表示されています。

写真上部の緑の点が目的地です。このように乗車中は常に地図が表示されているので、ドライバーが最適な経路で運転しているのか常に確認することができます。

 Screenshot_2016-02-06-21-40-35

指定した目的地に到着し、メーターに表示された料金を支払います。降車後、アプリの画面にこのようにドライバーを星1つ〜5つでの評価を求める画面が表示されます。写真のように星3つ以下の評価をしようとすると、「What can we improve on?」という改善点を尋ねられ、運転手のサービス、車の質、走行経路、到着時間、アプリの使い勝手など改善点がどこにあるのかを選択できます。

また、何かコメントしたい場合は下の画面にコメントを記入した上で提出(SUBMIT)ボタンを押すと評価が完了します。降車後は、登録したEメールアドレスの方にも領収書が届くようになっています。

以上が大まかな使い方の流れになります。

もし登録を検討する方は、こちらからGrab Taxiに新規登録していただけると、登録した方にもれなく3万ベトナムドン(日本円で約150~160円分)のクーポンがゲットできるので、興味を持った方はぜひ登録してみて下さい。

こちらのリンクは電話番号から登録する形になっているので注意して下さい。ベトナムの現地のSIMカードをお持ちで電話番号を持っている方であればすぐに登録が完了し利用をスタートすることができます。

カード払いもできる「Uber」(ウーバー)

「Uber」は、2009年に創業し、現在ではアメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、アジア、日本でも東京でサービスを利用できる世界中で普及し続けているタクシー配車サービスです。ベトナムではハノイやホーチミンで既にサービスを展開していて、これからダナン市やニャチャン市での試験導入を開始する計画があるようです。
こちらも、私がハノイで実際に使ってみたときの写真を使いレポートしてみます。
Screenshot_2016-02-16-11-03-26
まずアプリを立ち上げるとこのように現在地周辺の地図が表示されます。近くに稼働中の車がある場合、先ほどのグラブタクシーと同じように車のイラストが表示されます。乗車のリクエストをする場合、乗車場所を設定するという所をタップします。
Screenshot_2016-01-13-20-00-57

乗車場所の設定後、リクエストのボタンをタッチすると、ドライバーが自分がいる現在地周辺に向かい始めます。上の写真は、Uberを呼んだ後、ドライバーが依頼した人の元へ向かっていることをお知らせする画面です。

車を待っている間に、あと何分で来るのかの目安とタクシーと自分の位置関係が把握することができます。また、乗車後もスマホで位置情報サービスを利用していれば、現在地と目的地の位置関係、到着予想時刻をいつでも知ることができ便利です。

Screenshot_2016-01-13-20-24-31

目的地に到着し、タクシーから降りると上のような画面が表示され、走行距離と経路、料金の領収書が表示されます。

「Grab Taxi」との違いは、クレジットカードを事前にアプリ内で登録しておくと、現金かクレジットカード払いの選択ができます。カード払いの場合、降車時に料金を払う必要がないのでスムーズに降車することができ、支払いの煩わしさもありません。こちらも降車後、ドライバーを星1〜5つでの評価が求められ評価することができます。

いかがでしたでしょうか?
Uberを利用してみたい方は、アプリをインストール後、プロモーションコードの入力欄で「th3t3yn4ue」を入力して利用を始めてみて下さい。2000円分の割引クーポンが使えます。ただし、割引は日本でのみ適用されるようなので注意して下さい。

利用するにあたっての注意点3つ

1:タクシー配車アプリを使う前に、自分が現在いる場所の住所、通りの名前を確認しておきましょう。

ベトナムではGrab Taxi、Uber共に予約直後にドライバーから電話がかかってきて、今いる場所を聞かれるケースがほとんどです。住所や通りの名前の発音や説明が面倒な方は比較的分かりやすいホテルやショッピングセンター、飲食店、銀行などの建物の前から呼んでその場所を伝える方がいいでしょう。

2:運転手の評価システムがあるとはいえ、車内で居眠りしたり、行き先の住所や目的地までの大まか道のりを忘れないようにしましょう。

スマホの位置情報や地図サービスを使って、現在の場所が分かったり行き先を指定できるとはいえ、ドライバーが慣れていない道で遠回りしてしまったり、乗客が寝ているのをいいことにメーターの動く速度を速めて少しでも高い値段を取ろうとするドライバーもいるかもしれません。くれぐれも海外でタクシーを利用するときには、細心の注意を払うと共に、目的地までの大まかな行き方ぐらいは把握しておきましょう。

3:英語や日本語が通じる運転手の場合、不必要な情報を与えないようにしましょう。

ドライバーが英語や日本語が話せる場合、うれしくなってついつい自分が旅行者であることや、この土地に来たのは初めてであること、目的地の場所に行くのが初めてであることなどを会話の中で話してしまうことがあるかもしれません。そういった場合、普通に雑談することはいいと思いますが、こういった情報を自ら与えてドライバーが乗客の足元を見て、目的地までの道のりを遠回りしたり、ボッタクリを企てることも考えられなくはないので、細心の注意を払いましょう。

まとめ

注意点を3点挙げましたが、Grab Taxi、Uberまたはその他のタクシー配車アプリは普通に流しのタクシーを利用するのに比べて安全性は高いです。注意を払いつつも、日常や旅先の移動手段として利用してみて下さい。

筆者はGrab Taxi、Uber両方を使ってみましたが、目的地までほぼ最短距離で運転してもらえ、料金も通常のタクシーより割安な値段で利用できました。評価システムや身分が明らかな運転手しかいないことで流しのタクシーを利用するよりもはるかに安心して利用できるのは間違いありません。

ぜひ一度利用してみてその便利さを実感してみて下さい。

公式サイトのリンク

・「Grab Taxi」の公式サイト(英語版)

https://www.grab.co/vn/en/ 公式サイトからアプリのダウンロードができます。

また、こちらのリンクから登録していただくと、3万ドン分の割引クーポンが付いてきます。初回利用時の最初の2〜3キロ分が割引されます。ただし、こちらからの登録はベトナムを始め利用を開始する国の電話番号を持っている必要があります。https://invite.grab.co/hideyuki37267

 

・「Uber」の公式サイト(日本語対応)

https://www.uber.com/ こちらの公式サイトから登録、アプリのダウンロードができます。

登録後、プロモーションコードの入力欄で「th3t3yn4ue」を入力して利用を始めると2000円分の割引クーポンが使えます。ただし、割引は日本でのみ適用されるようなので注意して下さい。

 

ハノイの交通事情の現在と未来の妄想

なんとも個人的な偏見を綴ってしまうことになりそうですが、

言いたいことを言ってみようと思います。

 

近年ここバイク天国(地獄?)のハノイでも、車を多く見かけるようになりました。タクシー、BOXタイプの大型車、中型バス、などなど。。電車など街中に効率的な交通網が未だに整っていないこのハノイで(首都なのに)経済成長とともに車ユーザが増える一方で、いつ終わるのかわからないインフラ計画がゆったりと進んでいる、この歩調があっていない状況が、ここ最近で特に顕著になっていると感じます。そんな中、道路上で最弱者である自転車ユーザの1人は私なのですが、なんとも言えない態度の悪い車ユーザに出くわすことが多いです。

車体が大きければ大きいほどドライバーの態度も大きい

カスですね。クラクション鳴らされた瞬間に唾吐きかけたくなります。したことはないですが・・・経済成長最中の人間とはこんなものなのでしょうか。

車体が大きければ大きいほど道の邪魔

ハノイの美しさの一つはウネウネ感だと思ってます。街がめちゃくちゃごちゃごちゃしてるけど何かちっちゃい粒子がふわーっってスムーズに流れてる感じ。毛細血管のようなものですかね。6,7年前、今よりバイクだらけだった頃は交差点がマーチングバンドの交差する瞬間さながらだったそうで、、見たかったな。。時々バイク乗ってるおっちゃんが走行中に大型車を殴ってるのを見かけますが、気持ちはわかります。。

ただ、自分が乗り込んだタクシーの運転手がマナー悪い人だと自分自身がとてもやるせなくなってしまうということもあります。

まぁこんな状況では有りますが、これは誰に何を言っても解決は困難なので、妄想でウネウネを取戻したハノイを考えてみました。

 

前提条件:生産性向上により中心部の移動が減少

(まだまだ成長中の状況から考えると非現実的では有りますが世の中なにが起こるかわからないので・・・)

 

個人単位の肩幅サイズの電動移動デバイスが普及。

今、世界各地で盛んに次世代移動デバイスが開発されています。Solowheel、Booted、電動ローラーブレード・・・http://solowheel.com/corp/media/video/item/15-hovertrax-2014
http://boostedboards.com/videos/

数十万円することや、使い方の問題もあるので普及までの道のりは長いですがここハノイはかのハードウェア先進エリア深センからの距離も近いので、なにかがどうにかなってどうこうならないものでしょうか。
素っ気なく人並みをヌルヌルと抜けるベトナム人が頭に浮かびます。おもしろい。

IMG_0085<バルセロナにて。未来を感じます。>

 

ドローンが市民の生活に定着

もはやすっかり馴染み深いテクノロジーとなってはいますが、同時に規制が急速に進んでいるのも事実です。
そんなハードルも有りますが、旧市街のような都会の森でそのような飛行デバイスなど含めたIoTが効果的に機能したら抜群の破壊力をもつのではないでしょうか。それぞ未来都市です。
未来都市では無駄な移動および肉体労働は最小限になっていてほしいですね。

 

道路にウッドチップを敷きつめよう

ここまでくると妄想も行き過ぎていると思いますが、書きます。まぁなんというか最終的には人間生まれ持った二本足を中心に体を動かしながら生命の鼓動を感じながら暮らすのが一番だと思っています。
以前ウッドチップが敷き詰められたスイスの山道を裸足で走った時の快感がまだ忘れられないでいて、
こんな気持ちいい道がうまくごちゃごちゃした都会と調和して快適なアーバンジャングルが出来ないものかと思ってました。

IMG_0188<都会とはかけ離れてますが・・・>
もはや移動デバイスを絡めた話ではなくなってきている気はしますが、大胆に考えると今後人間の体の一部も「デバイス」というような捉え方で括られて時代が進んでいくことになると思いますので、いいんじゃないでしょうか。

 

以上のような未来を考えると、現状はあくまでも移行期に出る悪い部分であるのかもしれませんが、ではこの移行期間を引っ張っている、いける人物は誰なのか、何かというと、さっぱりわかりません。都会って難しいですね。

956-e1446901648917.jpg

ハノイでローカルなバスに乗る! @ハノイでインターン

こんにちは。やっとというかあっという間というかすごーく濃いハノイでの1週間が終わりました。

まだまだ分からないことがいっぱいありますが、だんだんとハノイでの生活にも慣れてきました^^

先日は、アルバイトのHienちゃんと家具を買いにバスに乗っていってきました!

ベトナムのバスです。 場所によっていろんな色があります。

ベトナムのバスです。
場所によっていろんな色があります。

955ハノイの

日本のように区間によってバスに番号があるので乗りたい番号のバスが来るまでここで待ちます。

バスの時刻表はないのでいつくるかわかりません(笑)でも定期的には回っているようです。

このときは20分待ちました。。。

バスに乗ると男の人がバスチケットを持ってくるのでお金を払います。

お金はどこで乗っても同じ値段のようです。

938

バスのチケット。7000vnd 35円くらいです。

バスのチケット。7000vnd
35円くらいです。

ベトナムはタクシーが安いので、こっちに住んでいる日本人もバスには乗らないそうです。バスの中は100%ベトナム人だったので、実際のローカルな感じを味わうことができました^^

960

人もどんどん乗ってきます。

そして中は凄く暑かったです(笑)

今回はHienちゃんが助けてくれたので、スムーズに乗れましたが、次回はひとりで挑戦してみようと思います!