Nha-Nghi-1.jpg

いかに安く寝られるか?ベトナムでNhà Nghỉ(安ホテル)価格の交渉術 D吉村ブログ番外編#41

シンチャオ、カックバン。

みなさん、こんにちは。

 

 

 

ハノイ~ホーチミンへバイク縦断やっとホーチミンに到着しました!

いやー興奮と感動ですね。

縦断が終わり、Dは今もう日本に帰ってきました。

自動販売機やコンビニにカルチャーショックを受けている真っ最中です。

 

 

今回ですが、

縦断ブログ番外編ということで、

旅にかかった日数21日(3週間)のほとんど、

17日間をNha Nghi(安ホテル)で寝泊まりしていたので、その経験で学んだことを紹介していきたいと思っています。

 

さて、

もし日本人のあなたが、

ベトナムのNha Nghi(安ホテル)に泊まるとき、

大体何ドンくらいで一泊できるんでしょうか?

 

 

 

 

答えは…

エアコンなし 10万ドン(500円)

エアコン付き 15万ドン(750円)

これくらいで行けます。

 

 

しかーし!!

あなたは外国人だということで

大体のベトナム人の大家さんは最初は高いお金を要求してきます。

20万ドン~50万ドン(1,000円~2,500円)

吹っかけてきます。

 

 

そんな吹っかけてくるところはすぐあとにし、もっと探せば安いところはあります。

もしくは、ベトナムでは値段設定などきちんとしていないところがたくさんあるので、

「値段下げてください」と交渉すると簡単に落としてくれるものです。

実際に僕はほとんどの安ホテルを10万ドン(500円)で寝ました。(ケチではありません。)

ベトナム人に言うとそれでも高いといわれましたが泣

 

 

ちなみにみなさん最高額最低額聞きたいですか!

条件を一人、一泊のみ、翌朝7時出発、エアコンなし、扇風機のみで良いと伝えると、

Nhà Nghỉでの最高価格は

場所:ホーチミン(サイゴン)

価格:20万ドン(1,000円)(妥協)

 

次に最低で、

場所:タンアン

価格:8万ドン(400円)

など、その土地のアベレージでいろいろな範囲があります。

 

ホイアン市では観光地化され過ぎていてあまりNha Nghiが探せず、

結局、看板にHomestayと書かれており大家さんと英語が話せるくらい良いレベルのクーラー付きの場所に泊まりました。

そこも最初は40万ドン(2,000円)だと言われ、(ふざけんな)と思いましたが、

交渉に交渉を重ね、結局15万ドン(750円)にしてくれました。

IMG_20160801_225638_1CS IMG_20160801_225725 IMG_20160801_225740

↑これはホイアンで泊まったNha Nghiです。

ちょっとっていうか、結構良かったです。

この日エアコンつけっぱなしにして寝てしまったので、翌朝喉の調子が絶不調だったのを覚えています。

 

 

 

~D吉村が説く~ Nhà Nghỉ価格交渉術

です。

お楽しみください。

 

 

さて、D吉村がこの縦断旅で学んだNHÀ NGHỈでの交渉術とは…

 

キーワードはこの3つ!

①目標額をキチンと決めましょう。

②根気強く探しましょう。

③情でお願いするのは最後の手。

 

IMG_20160722_214701

さて、最初から詳しく見ていきましょう。

①目標額をキチンと決めましょう。

「10万ドンまでに下げてくれないとここに泊まらない」という意思を最後まで崩さず

大家さんと話していると、その熱心な心に大家さんの心もぽきっと折れてしまうことが多いので、

例えば、「俺は15万ドン以上Nha Nghiなんかに払わない、いや、俺は絶対に払うわけがない」

という方は価格を設定してください。

「俺は15万ドンになるまでは泊まらない、うん、絶対に泊まらない」

この方がよろしです。

その大家さんとの交渉のときも話がスムーズに進むので。

交渉で渋っていると「じゃあいくらなら大丈夫なの?」と言われるのが多いからです。

そこで、「15万ドン」というと、最初は「それはだめだよ~」と言いますが、

何度も笑顔でお願いすると、許してくれます。

 

 

僕の場合は10万ドンでごり押しでした。

大体平均で

一泊一人10万ドン~15万ドンだと思っていてください。

それ以上、例えば「ここは20万ドンが普通だそれ以外はないよ」というやつがいました。

そのホテルを後にし次のホテルで交渉すると16万ドン(800円)のところを見つけました。

 

16万ドンも高いですが、雨が降っていたので妥協しちゃいました。

 

ですが、大体10万ドン~15万ドンで済みます。(リサーチ済み)

 

15万ドン以上がふつうだと言っている奴は、嘘をついているといっても過言ではないです。

IMG_4796

 

 

次のキーワード。

②根気強く探しましょう。

10万ドンにしてくれと言ってもなかなかそう簡単には見つかりません。

しつこく言うと逆に出て行ってくれと怒ってしまうおじさんやおばさんもいます。

 

しかも、2件、3件などで見つかるわけでもありません。

安い場所を探したい方は最低でも5件くらい探した方が良いかもしれません。

もちろん自分が思う価格に5件以内で見つけることができれば万々歳です。

 

 

僕の縦断旅では最高8件くらい回りました。

その結果、ずっと25万ドン(2,250円)などが続いていたのにも関わらず、

9万ドン(450円)を見つけることができました。

 

 

根気強く探す、これも大事です。

 

IMG_20160722_221029

 

次のキーワード!

③情でお願いするのは最後の手。

「お願いします!」と手を合わせてその大家さんに必死に頼むのは最後の最後の手にしましょう。

しかし、その手が通じる人と通じない人もいます。

通じない人と当たったら、こっちから願い下げです。すぐ次のNha Nghiに行きましょう。

 

僕は時々12万ドンと言われた場所でしょっちゅう頼んで10万ドンとねじ込ませていました。

 

 

しかし、通じる人か通じない人、どっちなのかを判断するのもあなた自身ですよ☆

 

IMG_4865

 

 

 

 

以上、

~D吉村が説く~ Nhà Nghỉ価格交渉術

でした。

いかがでしたでしょうか!

 

 

結論から言うと、

Nha Nghiは行き当たりばったりで探すのではなく、

最初から予約したホテルに泊まりましょう。

この術はもしあなたが今日泊まる場所を探さなければならない。

しかし目の前には、10万ドンとNha Nghiしかない状況になってしまったときに限ってこの交渉術をお使いください。

この記事が、みなさまのお役に立てれば幸いです!

 

 

 

 

というわけで、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回もまた番外編書くかもしれないのでチェック宜しくです!

 

 

 

僕がハイランズコーヒーで働いていたときのブログ↓

D吉村のハイランズ日記#1 ベトナムで超大手チェーンカフェ「HIGHLANDS COFFEE」にハノイに留学に来た日本人がバイト始めてみた編

Racco Cafeのホームページ↓

http://raccocafe.strikingly.com/

ぜひチェックしてね!

このサイトのホームに戻る↓

VEHO Works ホーム

 

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA