P1050288-min.jpg

ベトナムの大手銀行「Vietcombank(ベトコムバンク)」で口座を開設する方法@ベトナム・ハノイで不動産投資

シンチャオ、こんにちは!

今回はベトナムでの銀行口座の開設方法について解説します。

ベトナムでの不動産投資をする際に、日本からの送金があったり、多額の現金を持っていくのが怖い..といったときに必要になってくるのが銀行口座です。銀行にもよりますが、短期滞在でも口座開設が可能な所もあるようなので、ぜひ口座開設の流れを把握しておきましょう。ここではベトナムの大手金融機関「Vietcombank」(ベトコムバンク)での口座開設手続きの手順を説明したいと思います。

外国人が口座開設に必要なもの一覧

・パスポート
・入国、滞在を証明するもの(入国ビザ、一時滞在許可証、労働許可証など)
・口座開設、キャッシュカード発行手数料:合計10万VND (日本円で約525円)

必要なものを揃えたら手続きに行きましょう。

銀行での手続き

銀行に行くと、日本の大手銀行と同じように来店目的を選択する機械があります。口座開設のアイコンを選択し、番号札を受け取ります。自分の番号が呼ばれたら、窓口に向かいます。窓口で申し込み用紙を渡されるので、それに必要事項を記入していきます。ベトナム国内で働いていない限りは、ベトナムの通貨、ベトナムドン立て口座のみ開設が可能です。キャッシュカードやインターネットバンキングはオプションで申し込むことができます。事前にこちらのページからプリントアウトし記入したものを持参しても大丈夫です。キャッシュカードはオプションになっていますが、カードがあれば街中にあるATMで出金が簡単にできるので申し込んだほうがいいでしょう。

カードの受け取りへ

キャッシュカードの受け取りは通常、口座開設から約1週間後となります。連休をはさんでしまう時期であると10日ぐらいかかることもあるようです。手続きの際に、何日以降に取りに来てくださいと書かれた引換書をもらいますので、忘れずに保管しておきましょう。そして、指定された日時にキャッシュカードを受け取りに行きましょう。手続きの際に受け取った引換書とパスポートを忘れずに持って行って下さい。店舗に入ったら機械で番号札を取って、窓口でキャッシュカードの受け取りの旨を伝えます。書類にサインなどをして、キャッシュカードを受け取れば、街中のATMが使えるようになります。

口座開設の手続きの申請からキャッシュカードの受け取りの流れは以上です。
ベトナムに滞在される方、不動産投資を検討される方は知っておいて損はないと思うので参考にしていただけると幸いです。

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA